yesterday :  today :  total :
※Internet Explorer 8以下のバージョンでは表示が遅くなる場合があります。
9以上のバージョンか、FireFox、Google Chromeでの閲覧を推奨いたします。
オーナーブログ

新型コロナウィルスに負けないv( ̄∇ ̄)

2020.03.11

猛威を振るっている新型コロナウィルス。

大変な事になっていますが、美容業界も他人事ではありません。

私達の仕事は基本的に「濃厚接触」の職業です。

ですから消毒や予防には人一倍気を付けているつもりです。

昨年末よりスタッフ全員にマスクの着用を義務付けているおかげで今年度インフルエンザの感染者はゼロです。

今ではマスク着用は接客業のマナーになっていますが、昨年末では逆でした。

全国で美容室から感染したという事例がまだ出ていないから大丈夫なんですが、一店舗でも出たら報道されて敬遠される業種かもしれません。

ましてや当店のスタッフが感染でもしようものなら当分は営業停止でしょうし、再開してもお客様の多くは来店を拒むでしょうね、だから怖い。

5600120E-6792-4F82-AA35-0822FB4ED429 A02C6796-E874-4AE4-BBA2-1495457866EF2BC4562D-A191-43EE-BFD1-A24A0A564368

先日、本を読んでいていい事を学びました。

それは「感謝とは感じて謝る事」だということです。

ピンときませんでしたが、よくよく考えてみるとなるほど・・・と思うことです。

私の経験上の事ですが、、、

私には感謝している恩師が多くいます。

よくスタッフに話をするのは、やはり美容師として最初に指導して頂いた明星美容学校、そしてヴィナス美容室です。

先ずは明星美容学校の河野理事長なんですが、高校も中退して人生を舐めていた私を厳しく叱ってくれました。

もちろん叱られていた当時は嫌いでした(笑)

しかし、叱られながらもチャンスを頂き 働くことの本当の意味が分かりかけた頃に厳しく指導して頂いていたことに感謝出来るようになりました。

自分が経営者となり、師匠の後を追いながら経験を積んでいく中で何度も感謝を重ねていく事になります。

あらためて若かった自分は未熟なくせに師匠に反発したような態度を何度もしたことだと思います。

そのことにまず謝りたいと思う事に感謝の「感じて謝る」という意味に理解しています。

私の人生には沢山の師匠が存在しますが、そのほとんどは当時「嫌だな~」とか「うっとうしい」と感じていた方ばかりです。

技術を頂いたのはヴィナス美容室の嶋本先生と睦先生です。

ヤル気を出さないダメな私を諦めずに一人前に育てて頂きました。

スタイリストとしてデビューしてまもなく新しい夢がうまれて東京に行くこととなって、売上で恩返しをしていません。

ただ学んだだけでお嫁さんのカツラとセットのコンクールに出るため、こんな自己中な私をいまだに可愛がっていただけて頂いている事に心から感謝ですが、先ずは自己中だった当時の行動を謝りたいです。

高校の先生にも謝りたい。

二年で中退したときに生徒指導室で学年主任の先生に食って掛かりました。

今思うとなんて自己中な考えなんだと分かりますが、バカな私の大義名分を偉そうに語ったのを覚えています。

もちろん、後に(といっても私が40歳の時)先生に当時の乱暴な言動を謝りました。

先生は私の事を覚えてくれいましたし、生意気な言動まで覚えていました。「恥ずかしい」

久々に会う昔の友達と昔話になると生意気な昔の言動を今更ながら反省することがあります。

自分ではおとなしく敵を作らない生き方をしていたつもりでしたが、当時の私は平気で人を傷付ける事を言っていたようです。恥ずかしい。

「人にしてあげたことは忘れてもいいが、してもらったことは石に刻んで忘れてはいけない」

してあげていたつもりの自分、してもらっていないと思っているスタッフもいます。

「もっと店がこうなればいいのに・・・」「店が好きだから変わってほしい・・・」など言われたことがあります。

もちろん出来なかった事や気付かなかった事もたくさんあります。しかし私はスタッフの幸せのために人一倍愛情込めて接しているつもりでがんばっているんですけど残念です。

辞めていくとき、辞めてから「もっと○○だったらよかったのに・・・」「このままここにいても・・・」など自分以外の理由のように言い訳する子。

「辞めた子に冷たい」と苦言を言われたこともありますが、辞め方によって接し方を変えているだけ

在籍中 特にいろんな事をしてあげて特別大切にしていたつもりの子から不義理な事になった事もあります。

経営者って本当に難しい、しかし学びも多い。

私はバカでしたから師匠たちは厳しく指導してくれていましたが、私が育てている子達は純粋ないい子ばかりです。

純粋だからこそ傷つけるような事を言う子もいますが、まだ未熟な私はその言葉に心揺らされてばかりです。

恨まれても、嫌われても「いつか分かってくれる日がきっとくる」と信じて厳しく接したりもします。

JOIEを離れていった子も沢山います。どの子も本来良い子です。というか、良い子でした。

しかし、距離を置いている子も数名います。もちろん距離を置かれている場合もあります。

気が付けば経営者となって32年経っています。

キャリアだけ見るとベテランかもしれません。しかし今だに学びが少ないと感じるこの頃です。

厳しく接してくれていた師匠たちはもっと多くの苦労度努力を経験しています。

まだまだだと考えさせられるこの頃です。

 

不義理は謝れば許せる事なんですけどね( ^ω^)・・・

 

コメントはこちらから

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。