yesterday :  today :  total :
※Internet Explorer 8以下のバージョンでは表示が遅くなる場合があります。
9以上のバージョンか、FireFox、Google Chromeでの閲覧を推奨いたします。
オーナーブログ

昨日はイベントでした。

2013.06.11

昨日は臼杵店と大在店で高校生を対象にしたイベントをさせていただきました。

将来、美容関係に進みたいと思っている学生さん達は多くいます。しかし、進路に関しては学校の進路指導の先生や美容学校に聞くしかありません。

ならば・・・と数年前より臼杵・津久見・大在・鶴崎地域の学生さん達を対象とした相談会を始めました。

今年は二店舗で40名の参加者がありまして…とても大賑わいでした。

DSC_3884

 

イベントは今年入社した一年生と入社して一年たった二年生が中心となって進められます。

DSC_3826

シャンプーをして

DSC_3732

きれいにブローしてあげて・・・

DSC_3725

お話しをさせていただいてます。

お話しの内容は、学生と社会人の違い や 働きはじめて辛かった事や壁を乗り越えた先に見えたことなどをお話しさせていただいております。

美容師は楽しい仕事をアピールするだけでなく、逆に楽ではないんだという話しが多いです。

これは、美容学校は楽しくて資格まで取ったものの、いざ働き始めたら「こんなはずではなかった・・・」と辞めて美容業界を去っていく子が多いのが現状です。

しかし、その現状は美容業界だけでなく4大を卒業した新社会人も私達美容業界と同じ離職率でした。

もちろん、最初に就職就職したサロンにも責任があるのですが、資格さえあれば一人前だと勘違いしていることを教えていない事にも原因があります。

社会に出てから経験の中で多くの事を学んぶ事に心構えが出来ていないんだと思います。

だから、「美容師になるのがそんなに大変なら別の道を選ぶ」事もいいことだと思います。

親に大金を使わせて美容学校に行かせてもらい、楽しい学生生活を送って美容師免許まで取ったけどすぐに辞めてしまうくらいなら最初から違う道のほうがいいのではと考えます。

なんの仕事も同じでしょうが、「何のためにこの職業を選んだのか??」が定まっていなかったら社会に出ても学びを「辛いこと」としか思えないからです。

つまり本当に好きでなりたいのかを明確にもって進路を決めていただきたいです。

そのために私達に何かお手伝いできることはないか?と考えてのイベントを毎年させていただいてます。

ホンネを言えば、このイベントで美容師になりたいと思う学生を増やしたいです。

もっと言えば、増えてますけどね!

DSC_3837

技術の披露も少しだけ見せて「プロの技」をチラリ

イベントが終わって夜

私の自宅で男メンバーと数名の一年生でBBQでした。

みんな良く食います!

DSCN0182

↓こちらは詩織ちゃん。

先日、大在店から臼杵店に移動になったばかりです。

彼女のステキなところは敵がいない事。関わるすべての人を味方にしていく魅力がある子です。

ですが、一年後にはスタイリストデビューをしなくてはいけませんから、アシスタントの仕上げとして臼杵店で厳しく指導されています。

強い子ですから、きっと大きな壁を乗り越えて成長してくれることと期待しています。

DSC_3716

最後にキョンちゃんです。

先日から現場に復帰した二児のママさんスタイリストです。

DSC_3718

 

17歳から彼女の成長を見ています。

ジョイっ子の中で一番苦労をかけさせられた子だと思います。

ワガママで反抗的な娘だった彼女の素直で人情にあついところに魅力を感じて、ワガママや反発に諦めずに叱ったり褒めたりとしながら成長させてきました。

今では母として立派に子育てを頑張っています。

ジョイっ子たちみんなそうなんですが、成長する途中では必ずと言っていいくらい私やジョイを恨む時があります。

若かった私はその事を理不尽に感じで感情的に叱って結局去って行った子も少なくありません。

もう少し寛大に受け止めておけば良かったと反省するのはいつも取り返せなく過ぎてからです。

ここ最近は未熟ながらも歳を重ねることにより寛大に受け止めることも出来るようになりました。

かわいいジョイっ子達はやがてキョンちゃんのように妻となり母となっていくでしょうから結婚しても母となっても働き続ける事ができる職場をつくりたいと思っています。

その為にも現役で頑張れる若い時代にどれだけの結果を出せるのかが大切になってきます。

必要とされる人となる為には人を信じて成長してもらうしか道はありません。

ジョイの成長はジョイっ子の成長と同じ速度でしか成長できません。

だから、焦らず自分の速度で歩み続けるのろまな亀でありたいです。

コメントはこちらから

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。