yesterday :  today :  total :
※Internet Explorer 8以下のバージョンでは表示が遅くなる場合があります。
9以上のバージョンか、FireFox、Google Chromeでの閲覧を推奨いたします。
オーナーブログ
  • またまた産まれたベイビー

    2013.11.26

    またまた産まれたベイビー

    今月から産休に入ったカネマリが母になりました。

    DSCN5651

     

    予定よりずいぶん早い出産に私たちみんな驚いています。

    しかし、こうしてみると中々と新米ママの顔になっていますし新米パパも頑張っています。

    DSCN5665

    元気いっぱいのママは食欲も旺盛でガッツリ食べて体力を回復していました。

    DSCN5672

    前々日にあったばかりでしたが、すでにこの時には少し来ていたようで、本人は「ただの便秘とおもっていた・・・ふふふ」

    さすがはカネマリですが、なにより母子ともにお元気でなによりです。

    ジョイのベビーラッシュ、年内はこんなところで終わりです。

    ベイビーニュースはちょくちょく写真が送られてきます。

    木下ベイビーに成良ベイビー

    IMG_4136

    美和ベイビーなどなどの写真で私のアイフォンはデータがいっぱいです。

    __

     

    おかげでデパートの赤ちゃんコーナー常連客になってます。

    ジョイっ子達が母になり幸せにしてくれていることがなにより嬉しいです。

     

    昨日は定休日でしたが、な~んにもしていません。

    全ての予定がなくなりグダグダ・ダラダラとする1日でした。

    ただ、夕方が久々に両親を家に呼んでお食事をしたくらいですが、「親が喜ぶ顔をたまには見るものだな・・・」と感じたくらいです。

     

  • 覚悟を決めるのは難しいですね。

    2013.11.25

    ここ最近はデートばかりしています。

    鶴崎店の高野店長・福ちゃん・サキちゃんを連れて喜悦

    この喜悦は僕のお気に入りのお店。何を食べてもハズレなしも魅力なんですが、この店の

    一番のお気に入りポイントは大将と女将の魅力的な人柄なんです。

    ちょいちょいスタッフとのコミニケーションをとるようにしていますが、以前は各店舗ごと大人数と食事をしていましたが、結局目の前の2~3人しか話ができずに

    遠く離れた場所の子はただ食べただけのお食事会となってしまってましたが、ここ最近は三人に限定してのデートにしています。

    職場を離れて美味しいものを頂きながら「どうでもいい話・・・」をしていく中で、それぞれの仕事に対する思いだったり、店や私に言いたかったけど言いにくいことなどを話してくれます。

    朝礼や終礼やミーティングなどはどうしてもキビシイ言い方をしないといけないので嫌われる事も多いので少しでも人気回復もしたいとの思いもあります。

    DSCN5624

    この日は臼杵店

    美味しい顔ナンバーワンのサーミちゃん。

    分かりやすい笑顔で「ぺロリ」といただいてました。

    DSCN5639

    いささか「ブリッ子」に写ってる麻代ちゃんと嬉しそうなスガちゃん。

    珍味の「からすみ」を炙って大根にはさんで食べると旨いうまい。

    当然、菅ちゃんの笑顔はこのようになってしまいます。

    味噌汁当番

    具材を見てみますとチクワのみです。なんとも貧乏くさい味噌汁です。

    味噌がなかなか溶けません・・・と不満を漏らしながら作っているのは○○ちゃん

    DSCN5626

    臼杵店の宮津くん。今日は少しリッチな昼食のようです。

    味噌汁も具沢山で栄養満点・お腹いっぱいの彼

    美容室って普通の会社のようにお昼休みなんてないから、合間を見て休憩をとります。

    休憩の時間も決まっていませんから次のスタッフが休憩できるようにと「バタバタ」とした昼食になることが多いです。

    「バタバタ」と食べるのは苦手な子は夕方まで食べない子もいます。これが悪いことなんですね。

    やはりちゃんと食べておかないと体調を壊してしまい仕事を続けられなくなることにもなります。

    だから、ジョイのいい習慣・環境として味噌汁とあったかいご飯を準備しています。

    しかし、これが時に逆効果になることも・・・

    ジョイの環境に甘えて、全ての栄養を店で取っている子もいまして・・・

    ジョイ以外の美容室に就職したら間違いなく「餓死」しているだろうと思われる子もいます。

    給料でちゃんとお食事していただきたいのですが、なにやら違う使い方で贅沢しているんでしょえね・・・

    DSCN5647

    ジョイっ子達はお母さんや兄弟など親戚を連れてきてくれます。もちろん少しだけお得なサービスもありますが、どこのお母さんもそれを越える差し入れを持ってきてくれます。

    自分の働いているお店の自慢を家族や友達に自慢できることが大切なんではないかと思ってます。

    アシスタントだと店だけでなく先輩スタイリストを自慢することも大切。

    友達なんかに「是非来て~、うちの店の先輩凄く巧いんだよ・・・」「私が先輩にお願いしとくから絶対きて・・・」などと、強引な呼び込みにもみえますが、それほどに自分が働いている職場を自慢できることって経営者からみてとても嬉しいこと。

    だって親友や家族さえよべなくて他人のお客様を呼べるはずがありませんからね。

    慢心って怖いもので、お客様が満足してくれている事のバロメーターとしてみているのが次回来店の予約率なんですが、この予約をいただいたことに満足してお友達を紹介していただくご案内をしなくなってます。

    僕は気に入った店(先ほどの喜悦)などを友達に紹介したくなります。つまり本当に良い店は友達に自慢したくなるものです。

    自慢したくなるような店又はスタッフから「紹介してもらえませんか?」などとお願いされたら喜んで自慢げにたくさんの友達を連れて行きたくなります。

    現に喜悦には私の大切なお友達を沢山連れていましたし、何気ない会話の中で「美味しい店知らない?」などと聞かれたらすぐに思い出すのは自慢のお店です。

    自慢に思われていないのかもしれないと自分の接客や技術を疑ってみることが大切ですよね。

    ふふふ・・・

    先日、少しだけさぼりまして海へ

    私はさぼりの達人でして(自慢できることではありませんが・・・)

    悩んだりして心がくすんでくるとサボりたくなります。

    あまりにもお天気が良く、事務所の窓から外を見ると暖かな日差しです。

    海に出ると釣りの師匠は商売繁盛。

    臼杵でティップラン(新しいイカ釣り方)ができるイカ釣り船長のルシール号が目の前。

    IMG_4114

    私の船には船の管理をしてくれている亀井くん。

    いい感じに竿が曲がっています。

    IMG_4115

    私もちゃっかりゲットできました。

    IMG_4121

     

    今年はイカの当たり年?

    心ニヤニヤ・・・上機嫌になりました。

    当然、事務所に帰ってからも機嫌上々でした。

    言い訳???ですが

    なんだか?みんなに厳しく言ったり 「どうしようかな?」と考え込んだりしたときに時々イライラした顔になってしまいます。

    そんな時にはチョイチョイと事務所を抜け出しガス抜きをしています。

    むか~し、イライラして決めた決断で後悔したことがあります。やはり上機嫌で決断しないと良い結果にはつながりません。

    今、年末に向けて頑張らねばいけない時期です。

    鶴崎店のリニューアルのお祭りも終わり少しゆったりした感じもありますが、今がもっとも大切な時期だと思っています。

    年末を最高の形で終わるためには11月を折り返さなければいけないのですが、「もっとしておけばよかった・・・」と後悔したままでは12月は絶対にいい結果にはなりません。

    「どんまいどんまい」で終わらずに「なぜ?」と自己分析をしないと絶対にいい結果で締めくくれるはずがありません。
    勇気を出すって難しいですね。

     

     

  • 半月前

    2013.11.21

  • 仲が良すぎやろ・・・

    2013.11.17

    スタッフの仲がいいのが当社のいいところなんですが、これは↓度を越している仲良しさんです。

    __

    美容師の仕事ってつくづく思うのですが大変です。

    友達や家族からみると「大変そうだね・・・」とか「私は着いていけない・・・」などと厳しいイメージがありますが、やっている私達からするとそんなに苦になっていなかったりします。

    苦になっている子はこの仕事に向いていない子なんだと思います。

    いゃ!別に向いていないからダメと言うことではなくて…単に天命ではなかったのだと思います。

    私は今、技術から手を引いて経営をさせていただいていますが、みんなと同じように修行(自分の技術力を上げるための努力)をしてきた時期が当然ありました。

    「俺の若い頃は・・・」などと苦労自慢をしたいわけではありませんが、その時代の中で同い年の友達と比較して安い給料のわりには自由になる時間が少ない事に不満がある時もありました。

    いいなぁ~。「友達はボーナスもいっぱい貰って車もカッコいいのをもってて羨ましいなぁ~」と羨む事なんでしょっちゅうです。

    しかし、高校を中退してしまった自分。学歴がないから立派な会社勤めは無理な事は自覚していました。

    公務員の同級生が特に羨ましかった20代前半でした。

    今だから言える昔の貧乏自慢ですが、あの頃があったから今を幸せに感じます。

    東京池袋の4畳半、当然風呂なしのボロアパート。近所の銭湯は280円。

    毎日入るのは経済的に無理でしたから一週間に二回と決めていました。

    幸いアパートには小さい流し台がありましたから全身をタオル拭きですませていました。今考えると「キッタネ~。」って感じです。

    給料日の日に行く吉野家の牛丼のフルコース(味噌汁とおしんこもプラスすること)が精一杯でした。

    その後、猛烈に頑張って店長にさせていただいて少しだけ余裕の生活がおくれるようになりました。

    その頃から、公務員の同級生の給料が気になって張り合っていた事もありました。と、いっても勝手にバトルをしていただけですが。

    東京で警察官になった友人に負けたくなくて、働いていた美容室のオーナーに「来月ここまでやれたら給料上げて下さい」

    後輩達のコンテストのトレーニングを見てこんな成績を出しますから給料を上げて下さい。と、給料アップを直談判していました。

    今考えると厚かましいお願いをしていたようですが、当時の私のプライドだったようです。

    ですが、どんなに努力してもやゃ友達のほうが良くて、休みも多くて、ボーナスで負けて話になりません。

    私が東京にいた当時はバブルのまっただ中でしたので、美容室に来てくれるお客様(私が働いていた店は港区高輪の高級ホテルの中にある老舗の美容室)でしたからお金持ちばかりです。

    頑張って頑張ってしているとチップをいただける環境でしたから月に数万円にはなっていたかな。

    「どうしたら喜んでくれるかな・・・」「お客様に可愛がって手もらうためには何をしたらいいのか・・・」などを真剣に考えていました。

    今、思い返すと以外と役にたっているような気もします。でも当時はチップが欲しくてやっていましたので下心見え見えです。

    今、正直言ってお金でみじめな思いをする事はなくなりましたし、公務員の同級生と比較しても豊かさを感じることもありますが、すべてはあの時頑張ってきた結果です。

    あの時腐らずに頑張って良かった~と本当に感じています。

    美容師という仕事。面接などでお話するときにはいつも言うことなんですが「スタイリストとして結果が出せるようになったたら必ず美容師になって本当に良かったと実感するときが来る」と言ってます。

    多くのお客様に必要とされる人、そして店になれれば必ず豊かさも着いてきます。

    貧乏暇なしなんて無いと思います。忙しくがんばっていればきっと豊かになれると思うのですが、美容師は簡単に一人前になれない職業。

    ジョイの場合は入社してそこそこの売り上げ(技術売り上げ120万)になるには3年以上はかかっています。

    スタイリストになったから給料があがるのではなくて結果が良くなって給料が着いてくると言った感じです。

    技術売り上げが150万を越えるようになるときっと同級生からも羨ましがる給料に絶対になれます。

    美容師は給料も安くて、休みもなくて・・・などとグチっている声は頑張らなかった人か努力が足りなかった人の声。

    なんの職業でも同じことでしようが努力の結果が収入に少し後に着いてきます。しかし、公務員は別(なんだか公務員の悪口みたいになってきましたが違いますよ)

    ジョイっ子たちは本当に頑張ってくれている子が多いだけにみんなに豊かになって欲しいです。

    簡単に言うと3~4年以内で辞めたら意味がないのがこの職種だと思います。

    あ~ぁ、またダラダラと長い独り言になりました。

    さ~て、明日とあさっては連休です。

    明日は家庭の事情ふふふ・・・で忙しいですが、明後日はなにも無いお休みです。

    潮は大潮、当然釣りに行くでしょう・・・。お供に着いてくるのは残念ザッキーです。

    鼻血が出ない程度に遊ぶ予定です。

  • あらかしの園のみんなに感謝です。

    2013.11.12

    昨日はお休み

    でしたが、日曜の夜から遥々~長崎まで行って来ました。約4時間のドライブはやゃくたびれます。

    2年ぶりの長崎はやはりいい所。

    長崎の人ってなんでこんなにいい人ばかりなんだろうと感じる事ばかりです。

    ですが、路面電車が走っている市内は運転に戸惑うばかりで・・・ここは走っていいのだろうか?とドキドキです。

    坂も多くてクネクネした道ばかり、ナビがないとすぐに分からなくなります。それと・・・

    おっとりしている長崎県なんでしょうが、車の運転は激しい。高速なんてバンバン飛ばしまくってましてとても着いていけません。

    長崎まで行った目的は「うふふ」ですが、疲れましたがとてもいい日でした。

    DSCN5558

    コチラ↓は鶴崎店の井田ちゃん

    来春入社が決まっているアンビシャス美容学校生です。

    一足先にアルバイトするって実はお得!!

    お得!!はウソですが、少しゆっくりした時には少しシャンプーなど入社したときに教えてくれる技術を一足先に学び始めるのでお得!!ってわけです。

    さてさて、臼杵店のひろみ店長(にせ店長)

    今日はポッキーの日(いゃ、それは昨日の話し)でポッキー食べてます。

    だいたいポッキーの日ってメーカーに完全に踊らされている感じがする「ポッキーの日」ですが、確実に全国でポッキーを買った人口は多いだろうなと予測します。

    「ポッキーの日」を考えた方はすごい。

    イメージや戦略って大切ですもんね。消費者である私たちが楽しんでればいいんでとやかく文句いう記念日じゃありません。

    笑顔がかわいいスガちゃんが持っているのは「ぞうきん」

    ジョイのタオルの洗濯とクロスの消毒をしていただいてるのは「あらかしの園」の利用者さんです。

    知的障害の方々が社会復帰の為の施設なんです。

    タオルを繰り返し洗濯していますと、くたびれてきます。するとこのようにメッセージをそえて袋に入れてくれます。

    毎回手書きでかわいい絵を書いてくれたりして少しうれしいです。

    DSCN5547

     

    いつもフカフカのタオルを使えているのも「あらかしの園」のみんなが頑張って洗ってくれるからです。

    美容室の裏の仕事は様々ありますが、タオルやクロスをしていただけるお陰で練習する時間が作れたり早く帰ることもできます。

    ありがたいな~とつくづく感じた事でした。

    ここ最近急に寒くなりました。店内では当然暖房かと思いきや冷房になってたりします。

    それは多くのお客様がいらして頂いて熱気があふれているんでしょうか?

    なぜか熱い店内です。

    後一ヵ月半でお正月。

    「今年もいい年だった~」と思えるためにも気を抜かずに頑張りぬかないといけません。

    安心・慢心の恐さを知っているのは経営者である私が一番です。

    肌で感じられるものですが、それを皆に伝えていくことは本当に難しいことです。

    正直、単月だけ売上が良くったって財務はそんなに変わりません。

    売上が良くないからって給料が上がったり下がったりすることはありません。だから危機感が感じられにくいことだと思います。

    そこそこやれていればいいか?なんて安易な安心感で仕事をしていますと気がつけは取り返しつかないくらいに温度が下がってしまっているなんてことになります。

    スタイリストが自分の数字をシビアに管理できないとお店が困難な状況になります。

    与えられた立場で全力でお客様に喜んでいただく事が結果としてお店そしてお客様に必要とされるスタッフとなってきます。

    目標達成の太ために深刻にとらえず真剣に取り組み続けた結果が必ず数字にあらわれます。

    いつもうるさく言っている私ですが本当は嫌われたくないです。

    ですが、数字に関してはシビアにそして良い結果には褒めてあげることが私の役目。

    ジョイに関わる全ての人が幸せになる事が大切ですね。