yesterday :  today :  total :
※Internet Explorer 8以下のバージョンでは表示が遅くなる場合があります。
9以上のバージョンか、FireFox、Google Chromeでの閲覧を推奨いたします。
オーナーブログ
  • 新兵器!?

    2013.11.03

    最近、新兵器が入りました。

    それは・・・監視カメラ↓   DSCN5534

     

    どんな感じに映っているかといいますと↓こんな感じ!!__

     

    何だか「恐っ!!!!」て感じですが・・・。

    これは私のパソコンだけでなく各店のパソコン、さらに幹部用のiPadでも見れるように設定してあるものです。

    もちろん用途は防犯もありますが、各店の混雑状況の把握でもあります。

    スタッフはこの画像を面白がって見ていまして、テレビ電話のように使ったり、「あっカンちゃんがガニマタで歩いている・・・」と離れたサロンで悪口を言ってます。

    実は以前に鶴崎店は泥棒に入られていまして・・・もちろんセキュリティがかかってますのですぐに通報されるのですが、

    やはり映像を撮っておかないといけないとの指導もありまして設置したのですが、悪口の種(笑)となっています。

    くれぐれもカメラに映るところで着替えなどしないように・・・とスタッフに注意するように指導していますが、お尻をかいてるのも見てるんですか?

    そんなに暇ではありません。

    しかし、各店の状況は確認しやすくなりました。

    門限を過ぎて店に残れないようになりましたから、コッソリ練習やカルテ書きなど出来なくなりましたんでやゃ困る子もいるでしょうけど。

     

    さてさて、先日は月一回全体ミーティング。

    今月と来月のキャンペーンの目的の共有が一番の議題です。

    と、言いましても私が一方的に話すだけなんですけどね。

    商品のキャンペーンって売上重視のように思われがちなんですが、ジョイの目的はチョットと違っていまして。

    絶対に外で販売しない事!!がルールです。

    販売にノルマがかかっていないのがジョイのルールなんですが店としての目標はあります。これは売る事が目的ではなくて「あなたから買いたい・・・」と言っていただけるように心をこめて接客することが大切だと思っているからです。

    例えば、買うつもりで洋服屋に入ったのに店員さんの接客が気に入らずに買う気が無くなったということはよくあります。

    逆に買うつもりではなかったのにあまりに心地よい接客の中で担当してくれたスタッフの笑顔やおもてなしに惚れて買ってしまったなんてことがあります。私はちょくちょくそんな事になります。

    つい買ってしまった商品を使ってみると「あの子の言ったとおりの質感」に感動して「少し高かったけど買って良かった・・・」と感じる事が多いです。

    結果として高いものは買いましたが、そのお陰で上質を知ることが出来て少しずつ生活そのものが上質になってきました。

    シャンプーだけでなく、接客も上質をもとめるようになり、着るものも肌触りのいい物を選んだりとすることは上質を体験していなかったら気付けない事なんですが知ってしまったお陰で元には戻れないのが上質の体感なんでしょうか?

    ウォシュレットを知ってしまったらしなかった時のムズムズ感に耐えられない・・・あら、少したとえが汚い。

    とにかく、お客様を上質になっていただく事が私たちの仕事なんです。(少し強引な締めくくりとなりました)

    で話しは戻りますが、私の独演会も終わりまして

    今、ジョイでもっとも輝いている三人の発表です。

    DSCN5533 DSCN5530

    美容師に憧れて美容学校で学び、就職してもすぐにはカットデビューできないのはこの世界では当たり前。

    入社して2年半でデビューして今、毎日刺激的に仕事をしています。

    アシスタントとスタイリストの責任の違いに戸惑いながらも「ワクワク」「ドキドキ」の刺激の中で仕事の楽しさをアツく語っています。

    後輩達から見たらこれから向う道。先輩から見たら通って来た道。

    誰もが通るこの道を楽しみながら通るのか、苦しみながら通るのかは本人しだいですね。

    先月はおかげさまで3店とも過去最高売上を達成いたしました。

    色々な事情で中間スタッフが退職して戦力不足を感じていましたが、まさしくヤル気満々スタッフとしてのチームワークも再結成されて素晴らしい結果となりました。

    月末の発表が動画で下の2つをクリック

    00251103-084150.mov

     

    00251103-084101.mov    

    勢い感じます。

  • カネマリが産休・・・

    2013.11.01

    みんな良くやります。

    ハロウィンは仮想して仕事するらしいです

    特にガチだった二人

    DSCN5508

    この日は10月最終日。

    ハロウィンですが一ヶ月の努力の結果が発表の日

    見事に鶴崎店も臼杵店もオール金でした。

    大在店は今月は「あとチョット」で惜しかったですけどね。

    このオール金とは単に売上目標ではなくてバランスのいい営業内容であったのかを数字で表している目標値です。

    つまり、スタッフ数とお客様数のバランス(多すぎてもダメですし少ないと問い膳ダメ)

    客数が多くても内容が薄かったらダメ。

    つまりお客様の希望をしっかりと聞き入れて新たな発見をしてあげることが私達の目的です。

    ただパーマをする、白髪を染める、長さを切るだけではなくて美しくなる事にもっとワクワクとしてもらうことが大切だと思っています。

    当然、技術力は高くないと提案はできません。ですが、ただオススメするのでは押し付けになってしまいます。

    押し付けにならないために積極的にお客様に私達から歩み寄る事が大切だと感じて行動にうつしています。

    例えば、お飲み物をお客様にお出しする場合メニューで確認してお客様が希望するお飲み物を持っていくのではなくて・・・

    今日はアツかったから〇〇〇がいいのではないだろうか?

    「あのお客様はたしか?前回の時ココアが美味しいと言ってたよな~」などを覚えていたり。感じる事からはじめます。

    出されたお飲み物をすぐに飲まれたのなら「のどか乾いていらっしゃるのかな?」と想像してすぐに次のお飲み物をお持ちしたりとか・・・」

    お客様のちょっとした仕草を見逃さずに「もしかしたら?お尻が痛いのでは?」「首に毛が入って痒いのでは・・・」「シャンプーのマッサージが強すぎるのかな?」などと感じ取って行動に変える」

    もちろん、すべて「もしかしたら・・・」の想像で行動するので、全然見当違いの時がありますが「ビンゴ」の時は「気が利くね」と喜んでいただけます。

    技術においては、どれだけ練習してトロフィーを沢山持っていてもお客様が「自分に似合っていない」と思われたら下手な美容師ということになります。

    だから、お客様の要望を聞きだす事(と言っても職務質問ではなく)プロとして自然に情報を集めた上で提案をしていきます。

    長いお付き合いをさせて頂いているお客様だと「このお客様はとどんなスタイルが好き」「休日はとどんな過ごし方をしている」などの情報があって提案が出来ますが、はじめて施術をさせていただくお客様には全く情報がないまま相談となります。

    一度で「ビンゴ」となればいいですが、私達そこまでのスーパー技術者との驕りはありませんから、ただ一生懸命にお客様と関わるなかで喜んでいただけるように最善を尽くすしかありません。

    どんなに努力しても100点満点は絶対にないと思っています。これは下手ただからという意味ではなくて・・・

    美容室から帰って次の日に自分でスタイリングしてみたときに「もう少し量を取っておけばよかったかな?」とか「この辺をもう少し短く・・・」や「ありゃーチョット切りすぎたかな・・・」「明るすぎた・・・」「暗すぎだろ・・・」など様々な「あと少し・・・」の不満が必ずあるものと思っています。

    だけどお客様って優しいから次回来店の時には「よかったです・・・」と言っていただき、私達も「ほっ」とするのですが、ここで一歩踏み込んで・・・「どこかやりにくいところが・・・」とか「気になるところは・・・」と前回の反省点を聞いて少しずつお客様の100点満点に近づけていく努力をしていく必要があります。

    「いつもの感じで・・・」「前回と同じで・・・」ではワクワクがありませんからね。

    ん・・・何だか手の内を明かした感じ、ハードルをあげちゃった感じもしますが、常に新鮮であり続けたいと思っています。

    最終的に「そんなに私のために頑張ってくれる君を信頼してシャンプー買って使ってみるね・・・」「パーマするのは不安だったけどチャレンジしてみようかな?」とお客様の心の扉を開いていたただくことが私達の仕事です。

    長々となりました・・・。

    さ~て!!!!!!!!!!

    月末でしたが、鶴崎店のカネマリが産休で長期のお休みに入ります。

    オール金の達成とカネマリへの感謝やらで長~~~い終礼です。

    DSCN5520

    泣いたり笑ったりとグダグダの終礼の締めくくりはカネマリ。

    DSCN5525

    最後の最後までグダグダのカネマリでした。

    それにしてもカネマリには苦労させられた6年間でした。

    辞める気満々で入社してきたスーパー元気っ子、上手に使えば素晴らしいスタッフですが、チョット間違うと扱いにくいタイプの子でした。

    でも、正直私にとってお気に入りの可愛いムスメです。

    とってもめんどくさい娘とチョクチョッ逢えなくなると思うと淋しい気がします。

    ここ最近、この子のように「めんどくさい子達」が結婚や出産などでジョイから離れていきます。悪いことではないのですが私には淋しい事です。

    美容室を経営していますと、このような事はよくあることなんですが、ここ最近は特に濃い娘が多かった為にとくに感じます。

    まぁ、この子もそうですが濃い娘はだいたいチョクチョクとジョイに顔だしてくれますし、何かあるたびに顔を合わせるのでいいのですけどね。

    う~ん。お金も結構かかっています。

    可愛い娘や息子には金がかかります。

     

     

     

     

     

     

  • なかなか楽しい仕事です。

    2013.10.31

    ここ最近デートの毎日です。

    職場では聞けない話しなどあって「なるほど・・・」と考えなおしすることが多い連日デートです。

    DSCN5500DSCN5502 DSCN5505

    ミーティングなどでは見せない顔が見れますし、率直な要望も平気で言ってきます。

    少人数デートはなかなかいいのですが、スタッフが多いから次々とメンバーを入れ替えて連日デートをしなくてはいけません。

    羨ましいと感じる方も多いでしょうが、可愛いムスメ達とのデートはなかなか気を使います。そしてお金もかかります。

     

    それはそうと今日はハロウィン。

    各店とも気合が入っていますので、きっと今夜のブログは沢山の書き込みがあると思います。

    「そういえば・・・」

    去年のハロウィンはグワムでした。

    DSCN0082

    ディズニーのハロウィンにスタッフデートに行きました。↓

    何だかあっという間の一年です。

    写真を見直すと数名ほど退社してしまった子も写っています。

    もっとジョイに魅力があったら・・・もっと美容師に楽しみを感じてくれていたら・・・などと反省することもあります。

    退社していく理由は双方にあるのでしょうし、私達は完璧ではありませんからいつまで経っても反省はあるんでしょうけど・・。

    一年は「あっ」と言う間!!きっとこれからの一年も「あっ」と言う間になるんでしょう。

    来年の今、どんなふうに私さしてジョイそして可愛いジョイっ子達が成長できているんでしょう。

    きっと良い事・切ない事や悔しいこともきっとあるはずですから関わる全ての人の幸せを願う気持ちをぶらさずにがんばります。

    明日からは年末に向けてのキャンペーンが始まります。

    今日を区切りとして素晴らしい年末になれるように可愛いジョイっ子達を時に憎まれながらも励ましで頑張ります。

    そうそう、それはそうと 昨日からチョット上機嫌な事もありまして・・・。

    一年以上、心の病で病んでいた子が少しずつですが回復傾向がみられまして「ほっ」としているところです。

    心の病は治りかけが一番気をつけないといけない時期なんですが、両親や関わる人たちに感謝の言葉を言い始めた事が嬉しくてうれしくて私も上機嫌になっています。

    彼女からの連絡が無い限りは私からのコンタクトを遠慮していますが、ず~っと見守り続けていましたので何だかうれしいです。

    ジョイに復帰してくれれば嬉しいですがそれは難しいでしょう。ですが、女性としての当たり前の幸せを掴んでほしいと願っています。

    それにしても沢山の可愛いムスメと数名のメンドクサイ息子達のめんどうは疲れますがなかなか楽しい仕事です。

  • 喜悦は旨い

    2013.10.30

    フフフ・・・。 またまた頂きました・・・。

    手作りのケーキですので食べましたが・・・ヘルシーケーキで甘くないお味です。

    なぜなら先、鼻血事件があったばかりで私には血が足りないと思っているようです。

    しかし、私の鼻血事件は血の気が多すぎるあまりの事故。つまり血が多すぎ

    しかし、お気遣いありがたく頂きました。

    DSCN5485

    その夜、大在スタイリストとお食事。

    食事というと大勢着いてきますので結局お話しできなかったりするスタッフが出ます。

    つまり食い逃げされただけで終わるというパターンでしたから私を入れて4人での食事がいいのでは・・・と作戦を変更してお食事しました。

    お陰で、いつも食い逃げされるミキちゃんを至近距離にゲットです。

    DSCN5487

    DSCN5489

    長尾は美人女将にプレッシャー酒をご馳走になりまして・・・。

    「これは私から・・・でもこの次も指名するから頑張れ~」とのありがたいプレッシャー

    嬉しくも重たいお言葉をいただいてました。

    DSCN5491

    ミキちゃんは終始ご機嫌の夜でした。

    DSCN5492

    鶴先店のセット面のペンダント照明

    DSCN5493

    これをLEDに変更です。

    DSCN5494

    明るくはなりますが やはり白熱球のやわらかな光と違い雰囲気はイマイチなんですが・・・

    臼杵店のペンダントもやはりLED。

    DSCN5495

     

    ここ最近LEDのも沢山いいものが出てきてお値段も安くなってきました。

    鶴崎店では設計の段階から極力LEDを多様しています。

    大震災があった年の夏より節電に心がけで極力省電力に心がけていますが、だからと言って貧祖な店舗にはできませんし。

    ディズニーランドでは質を落とさずにほとんどの照明をLEDに変えて省電力に努めたと聞き、ならば私達もとLED化にしてきています。

    とは言えこのシャンデリアタイプのLEDは中々いいものがなくて、大震災後の夏には薄暗いLEDしかありませんでした。

    店内のシャンデリアがなんだか盆ちょうちんのように暗くなんだかな~と思いながら過ごした夏でしたが、ここ最近は明るいタイプの製品ができて「まあまあ」の仕上がりです。

    営業中だけでなく夜の練習中も電気をつけてますので経費にかんしても気になっていましたし、当店は3店舗とも照明の多いつくりとなっていましてお客様から「節電・・・」との苦情もあるのではと(苦情を頂いたわけではなく)勝手に思っていただけ。

    3店舗のLED化は高くつきました。高い割にはなにも変わらずといったかんじなんですが・・・。

    気持ちの問題かな?

    それはそうと・・・

    返事は0.2秒のお話し

    私が好きなお話しに中村文昭さんの「返事は0.2秒」のお話しがあります。

    つまり、何か用事を頼んだときに0.2秒で返事をすれは相手から信頼されるって話しなんですが・・・なるほどと思っています。

    ジョイの朝礼でもスタッフには話した事があるからみんなも知っているだろうとは思って、た・ま・に「ちょっとお願いがあるんだけどいいかな???」と聞いてみると、ヤル気マンマンの子はうれしそうに「なんですか~?」と近寄ってきます。

    それとは逆に「えっ!!!」と間をおいて「なにか???」と近寄ってくる子もいます。

    もちろん頼みごとはたいした事ではないのですが用件を聞いて損か得か考えて返事をする子は、うまくいかない事や出来なかった目標達成も言い訳ばかり言う子です。

    出来るかどうかわからないけどあなたの言うことにNoはありませんと覚悟を決めている子の返事は気持ちいい返事です。

    遊びに誘ったり、勉強会に誘ったり、食事に誘ったりと私からの様々な質問に「どうするかい?」と聞くと「えっと・・・」と間が空くと「行きたくないけどどうしょうかな?」と考える間がある気がします。

    スタッフとの距離は近すぎず離れすぎずとは思っていますが、たまに近い距離で語りたいと思って食事に誘ったりしますが、それは私なりの魂胆があっての事。

    かわいいなと思うのか残念に感じるのか様々ですが、スタッフが増えてきた今コミニケーションの取り方の難しさを感じます。

    経営者としてリーダーとして未熟だなと反省することの多いこのごろです。

     

     

     

     

     

     

  • 福徳学院のワインドコンテスト

    2013.10.29

    昨日は定休日でしたが、小山マネージャーと大分市内の高校に行ってきました。

    この学校には美容科がありまして、高校生としてのお勉強をしながら美容師の資格もとれる科があります。

    その学校で校内ワインドコンテストがありましたので招待されて見学をしに行ってきました。

    DSCN5441

    一年・二年・三年の美容科のせいと全てです。

    体育館をいっぱいですが生徒さん達の緊張感でピリピリとした空気です。

    DSCN5459

    競技が終わって審査結果です。

    残念ながら密かに応援していた彼女は入賞することはできませんでしたが、一生懸命に頑張っている姿勢に美容師として輝くことのできる期待を感じました。

    コンテストでいい結果を出した子は器用だけではなくまちがいなく努力を積み重ねた子です。

    反対に、いい結果を出せなかった子は頑張らなかったのではなく不器用だったりする場合はあります。

    コンテストの結果がいい子は素晴らしい美容師になるのかというとそうでもなくて、学生時代に落ちこぼれていた子が多くのお客様に必要とされる美容師になっていることは珍しいことではありません。

    現にジョイでは幹部となって支えてくれている子は不器用だった子ばかりです。

    上手くいかなかったからダメと諦めるのではなく不器用が原因なら倍の時間の練習をすれば上手くいくことで成長してきた子こそが今のジョイを支えてくれています。

    逆に優秀だったことに慢心になって結果を出せない子もいます。

    そこそこで満足しない為にも学生時代に優秀で無い事もいい事なのかもしれません。

    100人ほどのワイコンを見ていて感じる事は「この子は伸びるな・・・」と「この子はこのままではダメだ・・・」と思う子がいます。

    それはキレイに巻けているんだけど後一本か二本巻けていない子が数名いまして「このままでは時間に入らない・・・」と巻いている途中で気付いたはずなのにきれいに巻くという自分のペースを崩さずに最後まで巻いて、予想どおりに時間に入らずにいる子。

    悪口を言いたくはありませんが、「後過ごし時間があれば入賞できたのに・・・」か「急いで巻いて汚くなったら入賞できないから・・・」などと言い訳をいいます。

    伸びる子はこのままでは時間に入らないと分かるとボロボロに汚くても時間内に入れる子です。

    もっと練習すればよかったと自分自身を反省します。

    時間に入らなければ審査もしてもらえませんが、汚くても巻けていれば審査をしてくれます。

    僕は汚くても遅くても最後まで汗びっしょりで巻いている子を応援しています。

    男子生徒が少なかったですが、どの子も女子に迫力でまけていました。

    男はもっともっと頑張らないといけない美容の世界なのに残念でした。

    DSCN5477

    さてさて、先週の日曜日は私の誕生日でして・・・

    みんなから沢山のうれしいメッセージを頂きまして・・・なにより嬉しいのが手作りのものです。

    ↓手作りドラ焼きです。(スタッフ本人が作ったのかは疑問ですが)

    味は正直言いまして売り物のほうが美味しいです。

    DSCN5435

    こちらは手作りぼたもち。

    これはあきらかに本人の手作りだとわかるクオリティです。

    味は買ったほうが美味しいです。ですが、私が好きなのはスタッフが頑張って作ったモノのほうが美味しく感じる「エコヒイキする味覚」

    いささか不細工な手作りが大好物ですので、全部一人で完食いたしました。お陰でまた少し太りました。

    __ 1

    私は皆をお祝いするのは好きなんですが、されるのは少し苦手です。

    それには理由がありまして・・・。社長として時にスタッフに嫌われる事を覚悟してイヤミを言わないといけない立場なのでここ最近ある一定の距離を置くように意識しています。

    それともう一つ・・・。

    長期病気療養中の気掛かりな子の事が気になってハシャグ気になれない事です。

     

     

    ハシャグ気になれないとは言っても息抜きは必要。

    ここ最近、いろいろと忙しくて行けなかった海に友人と久しぶりに行ってきました。

    パノラマ↓ 遠くに四国が見える豊後水道です。

    __ 4

    船をぶっとんで走らせ10分ほどの場所でイカ釣りです。

    その途中、今まで見たことの無いほどのでっかいナブラでした。

    海面がザワザ(写真を撮っとけばよかった)なになに・・・海面がサラシのように真っ白に波立っていてましたので急いでジグを投げましたが、当たるものの針がかりせずにおわってしまいました。

    残念に思いながらイカのポイントに行きますと師匠の船と知人の漁師の船がティップランをしていました。

    釣果はまぁまぁと言うことなのでワクワクです。

    結果はまぁまぁのサイズでしたが、思った以上の風に心折れて帰った次第です。

    __ 2

     

    ですが、海にプカプカ浮いているだけでいい気分です。

    楽しんでいる最中に鶴先店の甘えっこユウカちゃんから何度も「楽しんでますよ~」と一年生4人で遊んでいる写真を送ってきてアピールをしてきます。

    ふむふむみんな楽しんでいるようで良かったです。

    港に帰れば隣近所に停泊しているボート仲間(みんなジイさんばかりですが)釣りのポイントやボートのお手入れの仕方などなどでノンビリした休日を過ごしました。

    今朝、スタッフに話した事なんですが、私の昔話です。

    親孝行ではなかった私は高校は中退するし暴走行為で警察に捕まるし家庭裁判所は2度も行って「次は少年院」と言われた学生時代でしたが、そんな私を厳しく叱ってくれた恩師のお陰で今があります。

    親の言うことには素直に受入れられませんでしたが社会の上司には素直でいられました。

    と、言ってもすぐに言うことを聞けるほど素直ではなく、2~3日して「そういえばそうだよな~」としみじみ思い返すといった感じです。

    でもその厳しさが無かったら今どんな生活をしていたんだろうと思うと感謝しかありません。

    今でもその方に会いに行くと「バカたれ・・・」から始まった説教なんですが、時たま「頑張ってるようだな・・・」と褒められたりすると涙が出るほど嬉しく感じます。

    で、気をよくして次回手ぶらで行くと饅頭くらいもってこいと怒られます。

    人生って出会わされる人によって運命が変わりますが、いい出会いと良くない出会いの両方があります。

    良くない出会いに惑わされずに、いい人との出会いを大切にして成長していくものだと思います。

    ちなみに「いい出会い」とは厳しい事を言ってくれる事。逆に「悪い出会い」とは心地よく褒めてくれる事。

    一見、自分の事を理解してくれているようで嬉しい存在ですが、その人にとっての損得で利用される結果となります。

    付き合いが深まるほどに厳しく指導してくれる人に付いていけばほぼ間違いはないようです。

    私のようにダメだった人生も軌道修正できているように、私に着いてきている沢山のジョイっ子達みんなが幸せになってもらうためにも、私の恩師がしてくれたように心に痛い言葉を言える立場にならなくてはいけません。

    経営者は孤独に耐えなくてはいけないのかもね。