yesterday :  today :  total :
※Internet Explorer 8以下のバージョンでは表示が遅くなる場合があります。
9以上のバージョンか、FireFox、Google Chromeでの閲覧を推奨いたします。
オーナーブログ
  • またまた定休日のお勉強

    2014.04.07

    それにしても、ここ最近ずっとお休みがありません。

    それは僕だけではなくてシャンプー練習中の一年生、教えている二年生、カット練習中の三年生。

    それに店長達や先輩達もチョイチョイ顔出しだしますので、ず~っと休んでいない気がします。

    これが自主的でなく、やらされている練習なら間違いなくブラック企業です。

    DSCN7437

    しかし、みんなの顔は真剣です。

    スタイリストに憧れて入った世界、やっとたどり着いたスタイリストまであと少し。

    DSCN7423

    ほらほら、スターしおりちゃんも必死

    DSCN7426

    女の子りさちゃんも頑張ってます。

    DSCN7427

    かんちゃんは天然が魅力的

    DSCN7432

    こちらはシャンプー練習中。

    実は明日は二回目のシャンプーテストの日

    DSCN7436 DSCN7440

    頑張っているみんな一緒にお昼ご飯。

    今日はコエビちゃんリクエストのハンバーグ弁当。うれしそうです!!!!

    00260407-201252.jpg

     

     

    ジョイ美容室では、お客様に積極的にアドバイスをするように心がけています。

    ですが、お客様の中には話しかけられずに静かに過ごしたいお客様もいらっしゃいます。

    また、パーマやカラーなどお客様に必要を感じたときには提案をしますが、なかには断りきれずにする羽目になってしまった・・・など、私達とお客様の気持ちがずれてしまう事もあります。

    私達は美容師であるまえにサービス業の接客が仕事です。

    接客で大切なことは気付いてあげる事。。。

    聞くというよりも感じることのほうが大切なんだと思っています。

    たとえば、「あ、腰が痛いのではないだろうか?」「飲み物をグィと飲み干したのなら、のどが渇いているんだろうな?すぐに飲み物を聞きに行ってあげよう」とか

    シャンプーなどでセット面を離れているときにお客様の飲み物が氷が解けて美味しくなくなったいたり。チョコレートだけが無くなっていたらそっと増やしてあげたり。「ゴホッ」と咳が出たらのど飴など、アンテナを立てていたらなんとなくお客様からの「してくれたらいいのにな~」のサインが見えてきます。

    そんな小さな嬉しい積み重ねがあると「提案をうけいれてみようかな?」「またあの子にシャンプーしてもらいたいな」

    「あの子、気が利くけど名前はなんて子かな?」など私達に優しい目を向けてくれます。そんなことから信頼関係が生まれて私達の「お客様をきれいにしてあげたい」思いが届きます。

    お客様と気持ちをつなげていく事って大変ですけど楽しい仕事です。

    さてさて、今日の練習が終わってから長尾と木崎を連れて佐賀関まで釣りに行ってきました。

    目の前にはナブラ、、、どうやらハマチの群れのようでしたがモタモタしているうちにチャンスを逃してしまいました。残念ボウズで帰りましたが、静かな海を大音量でサザンを聞きながら暴走すると気分もスッキリいい気分。

    「あいつらが居なけりゃ絶対に釣れていたのに・・・あ~ぁ」

  • 春を感じています

    2014.04.06

    各店の営業終了後、ゾクゾクと臼杵店に全員集合しています。

    そ・れ・は、新一年生の初のシャンプーテストの日だからです。みんな緊張しています

    DSC_2003

    緊張してない人もいます。

    DSC_1993

    こちらは新一年生。

    緊張しているようですが、一人は表現が間違っています。

    いよいよ、始まりのようです。

    DSC_2040 DSC_2072

    先輩達も気になる様子。みんな自分も通って来た道ですもんね。

    DSC_2209    DSC_2435

    シャンプーが終われば反省会。

    教えるのは一つ上の先輩ですが、テストをしているスタイリストからはもっと的確な表現でキビシイ評価をされます。

    結果としましては全員不合格です。

    プロの道はそんなに甘くはありませんでした。

     

    春だな~と感じさせる私の好きなポイントはココ!!

    臼杵と坂ノ市をつなぐバイバスのトンネルを抜けると

    DSCN7257

    桜満開の道です。

    本当なら車を停めて眺めておきたい場所なんですが、できません。

    一瞬を楽しむだけ・・・

    DSCN7259

    それともう一つ。

    鶴崎店の大桜の木も満開です。

    と、言っても本当はジョイの木ではなくて隣の木がジョイの駐車場にはみ出ているだけの事。

    圧巻の大桜です。

    DSCN7261

     

    春の店内は新一年生が入ったことと、それぞれの子が一つ上の仕事に進級するチャンスの時期なんで(ワサワサ)

    しています。

    いいことばかりではなく、こんな時にはいつも事件が起きるのですが今のところは平穏な毎日です。

    私ごとですが、体調もだいぶ復活いたしまして、これも献身的に食事療法してくれている妻のお陰です。

    一ヶ月くらいはお酒もコーヒーも甘いものも食べていません。

    サラダに魚、トマトジュース、チーズなどなど、とにかく健康にいいものばかりです。

    そろそろ美味しいチーズをつまみながらワインを飲みたい気分です。

     

     

  • 定休日のジョイは大賑わい

    2014.03.31

    定休日なんですが臼杵店は相変わらずにぎやかです。

    新一年生はシャンプー練習。

    教えているのは新二年生。この練習で上下関係もしっかりとしたものになります。

    00260331-212058.jpg

    モデルになったりしながらですからみんな頭にタオルを巻いたままで、インド人のようです。

    00260331-212110.jpg

    お昼休みはカット練習している新三年生も一緒だから大家族の昼食です。

    そしてこの日は一年生はドキドキの美容師国家試験の発表日です。

    な、もんでテーブルにはケーキがいっぱいです。

    みんな嬉しいんでテンションがあがりますよね。

    カット練習が終わりまして、ふふふ・・・ひっそりと海へ・・・。

    のつもりでしたが、ここ最近お付き合いのいい亀井君←(ボート屋さん)が一緒だとなぜか安心。

    途中で止まってもプロがいると安心です。僕はなにも出来ませんからね。

    向かった先は佐賀関。

    先日、船の底の掃除をしてもらいましたので絶好調でぶっ飛ばして10分で到着しました。

    DSCN7279

    私は今日、竿を持ってきていません。ただクルージングがしたかっただけ。ですが、亀井君は鯛狙いの仕掛けを持ってきています。

    佐賀関は凄い数の鳥山です。と、言うことはこの下にブリなどの青物に追われるイワシが居るって事。

    つまり、キャスティングかジギングのタックルを持っていれば良かったのですが、こんなときに限ってな~にも持ってません。

    あ~あ、ですが・・・海はすでに夏を感じます。

    最近船に取り付けたオーディオをフルボリュームでサザンを聞きながらボートをかっ飛ばせば夏~って感じで超いい気持ちでした。

    DSCN7288

    そして夜。

    臼杵城の桜は満開です。夫婦仲良くデートに出かけましたよ。

    DSCN7292

    ジョイの看板を発見。

    今年も目立たないところに取り付けられてました。

    子供達がサッカーのゴールがわりにボールを蹴飛ばしてました。ふふふ「イライラ」さりげなく追い払いましたけど・・・。

    DSCN7301

    今年も露店がいっぱい出てて賑やかですが、私は食事療養中の為、なにも買えませんでした。

    DSCN7293

    ただ見て回っただけです。

    DSCN7299

    でも、臼杵人ってなぜか桜祭りが始まるとあがりたくなります。

    そうそう、今日は写真撮りのお仕事もありました。

    結婚式当日もお支度させていただいたカップルですが、今日は後撮り。つまり桜咲くなかで写真を撮りたかったようです。

    お天気も最高ですごく素敵に撮れたようです。

    実はジョイ・・・積極的には婚礼のお仕事をしていません。

    なぜなら、結婚式のお支度に出張いたしますとお店を留守にしてしまいますので、いつも来ていただいているお客様にご迷惑をかけてしまうからという理由と・・・、利益の多い婚礼の仕事よりも先ずは地に足をつけて店を成長させることのほうが先だと感じています。ですが・・・

    鶴崎店の高野店長が臼杵に帰ってきますし、そろそろ婚礼も頑張っていこうかな・・・と考えています。

    自慢話になりますが、実力ではどこにも負けないスタッフが勢ぞろいしているのが自慢です。

    臼杵店の下山は花嫁着付け九州大会優勝の経歴を持ってますし、木下はブライダル洋装の部で九州大会優勝。

    サーミーちゃんは留め袖着付けの優勝者。

    高野に成良そして松下も金賞入賞者という実績があります。ふふふ自慢しすぎですか?

    結婚式は一生一度の大切な日、いつも担当してくれる信頼している美容師がするほうが絶対にいいですもんね。

    近々本格的に始めますね。

    がんばろう!!

  • 2014年入社式

    2014.03.26

    先日の入社式です。

    会場はいつものところ・・・。そして、この子らは新二年生。

    DSCN7138

    準備が整ったら新一年生の入場です。

    DSC_1279

    会場はこんな感じ。

    DSC_4565 DSC_4570 DSC_4569

    司会進行はこの子。

    まだまだお子ちゃまマネージャー小山です。

    DSC_1306

    オープニングビデオ←これ・・・好例になってまして作るのも大変なんです。

    私の挨拶に続き、一年間頑張った新二年生を褒め称えつつ一人ひとりスピーチ。

    涙ぐみながら話す子や晴れ晴れとした顔で自信満々の表情で話す子など様々です。

    DSC_1905

     

    聞いている子達はこんな感じ・・・。

    DSC_1371

    続いて新一年生の紹介。

    でもその前にサプライズビデオ「親からの手紙」←これが結構涙ものです。

    DSC_1842

    最後にいつもの記念撮影。

    DSC_1839

    入社式は学生から社会人になる為に心の奥のスイッチを入れる日です。

    涙あり、笑いありの入社式なんですが、準備もなかなか大変です。

    若いみんなと仕事をするのは楽しいですが、パワーに負けないように高い意識を持ち続けなければいけないのが美容室の社長のお仕事なのかもしれません。

    入社式に使ったビデオ

    スタッフからの歓迎ビデオや親からの手紙ビデオもありますが、入社式の締めくくりに流すグダグダビデオを期間限定で貼り付けておきます。

  • 定休日に練習です。

    2014.03.20

    先日の月曜日。定休日ではありますが臼杵店の中は「ザワザワ」していました。

    新一年生のシャンプー練習の初日です。

    真意父粘性に指導をするのは一年先輩の新二年生です。

    DSCN7028

    一年前に指導された技術を指導する立場となります。

    実は、教えてもらうより教える事のほうがとても難しいんです。

    すでに身についている技術を言葉にして相手に伝えるってとてもたいへんです。さらに、指導していく中で自分の技術の見直しをしなくてはいけない事にも気付きます。

    いつの間にか自己流になっている技術もあります。

    もちろん、自己流にアレンジすることは良い事なんですが、伝える時には指導者によってやり方が違うと教えてもらっているほうはどちらがいい事なのか分からなくなってしまいます。

    教える新二年生もみんなで話し合いをして「どう伝えたらいいのか?」を話し合っていたようです。

    DSCN7055

    技術の指導、継承って難しいです。

    美容学校では生徒と先生という立場。つまり学費を払って教えてもらうことなんです。ですが、社会では先輩・後輩の立場で伝えます。

    教える先輩は指導料はもらえませんし、教えてもらう後輩は一銭も支払いません。

    ジョイが代々と受け継いできた継承を責任もってやっているだけです。

    で、教えてもらう後輩は何のために学んでいるのかの「何のため?」がちゃんと心に持っていないと、このキビシイ練習はやらされている仕事となりますが、すこしでもお客様に喜んで頂く技術者として接するために学ばせていただいている気持ちを忘れてしまってはいけません。

    シャンプーだけに限らずパーマ巻きにカラーにメイクさらにさらに、カットに着付け、すべての技術は継承されて成長していくのがジョイ流です。

    だから教えるほうも、教えられるほうも必死です。

    指導は時にはキビシイ言い方をする時もあります。叩いたりはしませんがそれなりにキツイ言い方をする時もあります。

    僕はそれも愛情だと思っています。

    少し厳しくキツイ言われ方されただけで「人間関係が悪い・・・」などと悪く言われる事もありますが、本気で「多くのお客様に喜んでもらえる美容師になりたい」とおもってがんばっている子はこんな些細な躓きで辞めたりしません。

    むしろその程度で「キツイ・辞めたい・・・」などと言ってくる子は絶対に長続きはできませんので、ジョイでは退社希望者を引き止めたりはしません。

    DSCN7073

    こちらは新3年生チーム。

    スタイリストになる為のカット練習初日です。

    カットだけは今のところ私が指導していますが、今期限りです。

    つまり最後の弟子ということになります。

    DSCN7012

    アシスタントからスタイリストへの成長は大きな階段です。

    これから夏のデビューに向けての猛特訓となります。

    DSCN7025

    いつも思うのですが、カットの講習は聞く態度が素晴らしい。

    みんな目がキラキラと輝いてヤル気マンマンです。

    DSCN7047

    店内あっちこっちで練習をしていますが、こちらではデビューしたばかりのスタイリストちさが弟をモデルに再チェックわ柴田店長にしてもらっています。

    店長が休日を使って直々に指導する姿も伝承の行事です。

    DSCN7021

    こちらはスタイリスト駿。

    未熟なセットの技術を高野店長が手をとって教えてくれています。

    微笑ましい技術の伝承です。

    DSCN7094

    みんなでお昼ご飯タイム。

    1・2・3年生だけですが随分大人数です。

    いつの間にか大家族になってます。

    DSCN7057

     

    私ごとですが、体調をこわしてもうすぐ一ヶ月になります。

    心の病つまり(パニック障害)になってまして、つくづく自分のハートの小ささに落ち込んでいます。

    この病気はなった人にしかわからない苦しみがあります。

    前兆は一年半くらい前から起こってまして・・・

    時々胸が「ギュッ」と締め付けられるような感じがしてまして、元々血圧が高かったから心臓が弱まっているのかな?

    などと考えて心電図検査をしても「特に以上はない・・・?」

    ガンも見当たらない・・・つまりなにも原因が分からないという結果でしたから、気にしすぎか!!!と気にしないようにして生活をしていたのですが、突然の発作にさすがに気になりネットで調べてみると、症状がドンぴしゃり。

    心の病院で診断すると、「ご名答、そのとおりです」とでした。

    それにしても、車には乗れない、歩いてコンビニに行っただけでバクバクしてしまい。「このまま一生このままなのか?」と絶望した瞬間もありました。

    仕事が出来ない事が逆にストレスになっている気がするのですが、病院の先生から「当分はノンビリしなさい・・・」との事。

    もしかしたら公務員なら喜んで休んで温泉にでも行くかも知れませんが、事業経営者は頭から仕事は離したくても離れません。

    やっと出勤の許可を得て働き始めたものの、時々やってくる「ドキドキの予兆」に恐怖を感じます。

    またあの時のように苦しい思いをするのでは・・・と恐くて。

    先ほど、以前パニック障害からウツになってしまって苦しんでいる元スタッフのお母さんとお話をしました。

    本当は直接話したかったのですが、私と話す事により刺激してはいけないと思いましてお母さんのに様子を聞きました。

    完治はしていないけど体調も随分良くなったと聞いてうれしくて涙が出ました。

    とても可愛がっていた子だっただけに、凄く責任を感じていたので心が少し軽くなった気がします。

    彼女と会って話したいです。あの時の苦しみが分かってあげられていなかった事をお詫びしたい。

    最初の症状は私と同じでしたから、あの時にすぐに対処できていればあそこまで苦しまなくても良かったんだと思えます。

    この病気になって本当に良かった。今後、スタッフが増えていく中できっとこの病気になる子が出てくると思います。

    この病気は几帳面で一生懸命ガンバル人がかかる病気。ジョイに入社してくる子はこんな子が多いんです。

    ほんと、病気になって良かった。