yesterday :  today :  total :
※Internet Explorer 8以下のバージョンでは表示が遅くなる場合があります。
9以上のバージョンか、FireFox、Google Chromeでの閲覧を推奨いたします。
オーナーブログ
  • 7月になって店はありがたい事に連日満員

    2020.07.04

    7月になって店はありがたい事に連日満員です。ふふふ

     Z06_5116 Z06_5117
    Z06_5123 Z06_5127 Z06_5141 Z06_5152 Z06_5154
    コロナ自粛の時はどうしたものかと悩み苦しみました。
    国や自治体からのありがたい支援制度も経営者ですからとりあえず勉強しましたが、なんとか何も使わずに自力で乗り越える事が出来ています。
    美容業界は飲食業や旅行業などに比べて痛みは少ない業種です。
    カッコいい言い方になりますが、本当に困っている業種だけが使えばいいのに、納税少ない会社が収入を抑えてまでして申告している事が気持ち悪いです。
    私達経営者はスタッフが困らない為の準備しておくのも責任です。
    偉そうに言いますが人一倍税金を収めるのが経営者の義務です。
    助けてもらうより助けてあげる体力を持っておく事も大切です。
    だからと言って財力には何ヶ月もの固定費や人件費を払えるほどありません。
    しかし、スタッフとの信頼関係も体力のひとつ。
    休みは繰り上げて取ってもらう事で給料は減らす事なくギリギリ乗り越える事が出来ました。
    今回のコロナ禍で学んだ事も沢山あります。
    スタッフそれぞれに夢があります。もちろん悩みなんて誰もが抱えています。
    それでも素直な思いで頑張っているみんなを時に厳しく接しながら成長させるしかありません。
    だから私はスタッフに良く嫌われます。ハハハ
  • 幸せで豊かな人生を歩むために仕事があります

    2020.06.21

    梅雨の中休みでしょうか?

    最近はお天気よく暑い日が続いてます。

    12181405306601

    ↓大道店の朝礼風景です。

    朝はご予約のお客様情報の共有や最近の営業での反省点などを報告です。

    今日一日をどんな気持ちでお客様と接していくのかを自己申告することから一日が始まります。

    つくづく思うことですがJOIE-HAIRは本当に厳しくまじめだと自覚します。

    でも、この厳しさこそが上質接客を体質化しています。

    フレンドリーな接客もいいのですが、私が思う美容室はやはりお客様と私達の立場の違いを自覚することが大切だと思っています。

    12181404938374

    馴れ合いになりすぎず、それでいて信頼関係の距離感を知被けることが上質サロンだと思います。

    有難い事にコロナ自粛が少しだけ緩和されましたので連日全店舗ともに満員御礼となっております。

    有難い事です。

    ↓大在店の営業中の盗撮です。 12181404819394

    この春にスタイリストデビューしたしずかちゃんもカットしてました。その隣では福徳学院の先輩 ハナちゃんもお客様と楽しそうに会話しながらカットしてました。

    奥には大ベテランの柴田元店長も産休復帰して頑張ってくれてます。

    12181404745653

    こちらは、カット練習中のかわいいアシスタント達です。

    憧れのスタイリストまであと少し( ^ω^)・・・

    JOIEは簡単にはスタイリストデビューすることが出来ません。

    経験だけでなく基礎をしっかり学んでからでないとお客様のカットをすることが出来ないので、もしかしたら他のサロン様よりも遅いかもしれません。

    でも、お客様の立場になって考えると未熟な子(練習も頑張っていない子)に自分の大切なヘアスタイルを任せるわけにはいきません。

    わたしなら練習を頑張っている子に切ってもらいたいです。当たり前の事だと思います。

    最近では美容学校を卒業して数か月でデビューさせたり、練習量の少ない未熟なスタッフを中途採用して運営している低単価サロンも多くなってきましたが、わが社は手間暇かけるて上質スタイリストを育てることが大切だと考えスタッフを育てています。

    12181405191998

    そんな厳しいレッスンを積んで、もうすぐデビューするのが↓この子

    12181405164139

    アシスタントの仕事(カラーやパーマなど)を完璧にこなせるようになり、人形の髪で基礎を学び友達を沢山モデルとして呼んで経験を積んだらいよいよスタイリストデビューです。

    12181405127445

    先日は福徳学院の美容科(高校の授業を学びながら美容師の資格もダブルスクールでとることが出来る県内唯一の高校の放課後にお邪魔しました。

    12181404926385

    今年はコロナの影響で就職活動が例年に比べて遅くなっています。

    当社に興味を持ってくれている子達が放課後残ってくれるというので説明をしに行ってます。

    内容は(JOIEはきびしいよ~)という話。

    楽しいよ~と言って就職希望者を集めるのは簡単ですが、、、

    社会人の誰もが経験して乗り越えなくてはいけない厳しさを最初に伝えていないと、入社してから「こんなに厳しいとは思いませんでした・・・」と愚痴られても困りますから、当社では何度も「うちのサロンはどこよりも厳しいよ」と最初に言ってます。

    その厳しさの意味を伝えてあげるようにしています。

    なので当社に就職希望してくれる子はみんな「厳しく指導してください」とドMな子ばかりです。・・・なわけないか(笑)

    12181404915184

    厳しくするよ…とその代わり上質な美容師→上質な社会人⇒幸せで豊かな人生の方程式で念押して話しているにも関わらず入社すれば誰もが「このまま頑張れるだろうか?」と心揺れます。

    今、当社で活躍しているスタッフは全員と言っていいでしょうが「辞めたい・・・」と思ったことがあるはずです。それは当社だけでなく他のサロンに就職しても、また他の業種でも同じこと、社会人の始まりは先ず学生時代の甘えを捨てる事から始まります。

    そんな苦労をして乗り越えてきたのが↓この右の子

    12181404875151

    過去に逃亡しかけましたが、どえらい説教(私から…笑)うけて立ち直ってきた子です。

    今では本店の大切な柱となって頑張ってくれています。

    スタッフによって育て方は変わってきます。

    どえらい怒り方をする子、まだまだ褒めまくりで育てる子など成長の段階で変わってきます。

    最初から厳しく叱る事なんてありません。

    期待できる子に成長し始めてから厳しく接するのが当社の人の育て方です。

    入社 ⇒ 感謝 ⇒ 褒めて ⇒ 叱って ⇒ 結果が出せるように背中を押して ⇒ 信頼する

    12181404893405

    ↓この子達は各店の店長達。

    ここが当社のとりあえずの成長のゴール地点です。信頼しています

    12181404972973

    人を育てるのは本当に大変です。

    人それぞれ考え方は違いますし、私も間違っている事が多くあることは自覚しています。

    しかし、学校を出たばかりの若い子達を責任もって育てていくって本当に体力と強い精神力をもっていないと心がすぐに参ってしまいます。

    なので、私は自分の時間を作っていつも息抜きをしています。

    それがコチラ↓↓↓

    12181405084242 12181405242471

    大好きな海で心いやす時間を作っています。

    カヌーやウェイクボード・サーフィンなどなど・・・

    自分はほとんどしませんがボードや巨大浮袋などをコツコツと集めて海に遊びに来た子達に貸してあげてます。

    元々はJOIEのスタッフのレクレーション用にと集めていましたが、今の時代はスタッフを休日まで遊びに連れまわすことも難しい時代です。

    なのでボランティアで良かったら使って(´・ω・)(・ω・`)ネーと貸してあげたら好評でして、今ではほとんど海の家経営みたいになっています。

    商売になっていません、だってタダですから( ^ω^)・・・

    ↓黒島の海の家

    12181405028425

    ↓我が家のリビングは巨大うきぶくろで埋め尽くされています。

    12181404988538

    我が家の裏は海のおもちゃだらけ・・・です。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ何やってんだか??

    12181405003767

    それにしても今回の新型コロナウィルスは当社も大打撃でした。

    対前年比は月によっては半分以下にも下がりましたが、みんなが頑張ってくれたおかげで持続化給付金や緊急貸付制度を利用することなくスタッフの給料も遅延することなくギリギリの我慢で何とか乗り越えることが出来て「ほっ」としているところです。

    私は自慢じゃありませんが頑固な経営者ですから、ずるがしこく国の補助をもらうことが出来ません。

    飲食業など本当にこまっている業種の方々に比べたら美容業界はちゃんと頑張っていればそこまで利益が落ち込むことはなかった業種です。

    そうは言っても、この3か月は本当に大変でしたがここからは頑張って盛り返していかなければいけません。

    苦しみに耐えたのは私だけではなくJOIEでがんばっているスタッフ全員です。

    きっと不安になった時もあったでしょうが私の方針について来てくれたことを心から感謝しています。

    幸せで豊かな人生を歩むために仕事があります。

    働くことを甘く考えているとこれからの時代を着いていく事は出来ないと思っています。

    若い子ばかり沢山のスタッフを導いてあげることは本当に大変です。

    ついて来てくれた子だけは絶対に諦めずに育ててあげないと覚悟しています。

     

  • 新型コロナウィルスに負けないv( ̄∇ ̄)

    2020.03.11

    猛威を振るっている新型コロナウィルス。

    大変な事になっていますが、美容業界も他人事ではありません。

    私達の仕事は基本的に「濃厚接触」の職業です。

    ですから消毒や予防には人一倍気を付けているつもりです。

    昨年末よりスタッフ全員にマスクの着用を義務付けているおかげで今年度インフルエンザの感染者はゼロです。

    今ではマスク着用は接客業のマナーになっていますが、昨年末では逆でした。

    全国で美容室から感染したという事例がまだ出ていないから大丈夫なんですが、一店舗でも出たら報道されて敬遠される業種かもしれません。

    ましてや当店のスタッフが感染でもしようものなら当分は営業停止でしょうし、再開してもお客様の多くは来店を拒むでしょうね、だから怖い。

    5600120E-6792-4F82-AA35-0822FB4ED429 A02C6796-E874-4AE4-BBA2-1495457866EF2BC4562D-A191-43EE-BFD1-A24A0A564368

    先日、本を読んでいていい事を学びました。

    それは「感謝とは感じて謝る事」だということです。

    ピンときませんでしたが、よくよく考えてみるとなるほど・・・と思うことです。

    私の経験上の事ですが、、、

    私には感謝している恩師が多くいます。

    よくスタッフに話をするのは、やはり美容師として最初に指導して頂いた明星美容学校、そしてヴィナス美容室です。

    先ずは明星美容学校の河野理事長なんですが、高校も中退して人生を舐めていた私を厳しく叱ってくれました。

    もちろん叱られていた当時は嫌いでした(笑)

    しかし、叱られながらもチャンスを頂き 働くことの本当の意味が分かりかけた頃に厳しく指導して頂いていたことに感謝出来るようになりました。

    自分が経営者となり、師匠の後を追いながら経験を積んでいく中で何度も感謝を重ねていく事になります。

    あらためて若かった自分は未熟なくせに師匠に反発したような態度を何度もしたことだと思います。

    そのことにまず謝りたいと思う事に感謝の「感じて謝る」という意味に理解しています。

    私の人生には沢山の師匠が存在しますが、そのほとんどは当時「嫌だな~」とか「うっとうしい」と感じていた方ばかりです。

    技術を頂いたのはヴィナス美容室の嶋本先生と睦先生です。

    ヤル気を出さないダメな私を諦めずに一人前に育てて頂きました。

    スタイリストとしてデビューしてまもなく新しい夢がうまれて東京に行くこととなって、売上で恩返しをしていません。

    ただ学んだだけでお嫁さんのカツラとセットのコンクールに出るため、こんな自己中な私をいまだに可愛がっていただけて頂いている事に心から感謝ですが、先ずは自己中だった当時の行動を謝りたいです。

    高校の先生にも謝りたい。

    二年で中退したときに生徒指導室で学年主任の先生に食って掛かりました。

    今思うとなんて自己中な考えなんだと分かりますが、バカな私の大義名分を偉そうに語ったのを覚えています。

    もちろん、後に(といっても私が40歳の時)先生に当時の乱暴な言動を謝りました。

    先生は私の事を覚えてくれいましたし、生意気な言動まで覚えていました。「恥ずかしい」

    久々に会う昔の友達と昔話になると生意気な昔の言動を今更ながら反省することがあります。

    自分ではおとなしく敵を作らない生き方をしていたつもりでしたが、当時の私は平気で人を傷付ける事を言っていたようです。恥ずかしい。

    「人にしてあげたことは忘れてもいいが、してもらったことは石に刻んで忘れてはいけない」

    してあげていたつもりの自分、してもらっていないと思っているスタッフもいます。

    「もっと店がこうなればいいのに・・・」「店が好きだから変わってほしい・・・」など言われたことがあります。

    もちろん出来なかった事や気付かなかった事もたくさんあります。しかし私はスタッフの幸せのために人一倍愛情込めて接しているつもりでがんばっているんですけど残念です。

    辞めていくとき、辞めてから「もっと○○だったらよかったのに・・・」「このままここにいても・・・」など自分以外の理由のように言い訳する子。

    「辞めた子に冷たい」と苦言を言われたこともありますが、辞め方によって接し方を変えているだけ

    在籍中 特にいろんな事をしてあげて特別大切にしていたつもりの子から不義理な事になった事もあります。

    経営者って本当に難しい、しかし学びも多い。

    私はバカでしたから師匠たちは厳しく指導してくれていましたが、私が育てている子達は純粋ないい子ばかりです。

    純粋だからこそ傷つけるような事を言う子もいますが、まだ未熟な私はその言葉に心揺らされてばかりです。

    恨まれても、嫌われても「いつか分かってくれる日がきっとくる」と信じて厳しく接したりもします。

    JOIEを離れていった子も沢山います。どの子も本来良い子です。というか、良い子でした。

    しかし、距離を置いている子も数名います。もちろん距離を置かれている場合もあります。

    気が付けば経営者となって32年経っています。

    キャリアだけ見るとベテランかもしれません。しかし今だに学びが少ないと感じるこの頃です。

    厳しく接してくれていた師匠たちはもっと多くの苦労度努力を経験しています。

    まだまだだと考えさせられるこの頃です。

     

    不義理は謝れば許せる事なんですけどね( ^ω^)・・・

     

  • 以前に撮った店内写真です。

    2020.01.26

    営業中の写真はお客様が

    映りこんでしまうので撮れませんので、全てやらせ写真です

    よーく見るとお客様はスタッフです

    ゴメ━━━゚(ノД`゚)゚。━━━ン!!

    されにしても、みんな可愛く撮れています( ̄ー+ ̄)ニカッ!

    昨年末からインフルエンザ予防の為に全員マスク営業をしていますので、笑顔接客出来ていませんが、自慢じゃありませんが・・・自慢しますが可愛い子ばかりです。

    春にはかわいい子もっと増えますv( ̄∇ ̄)ニヤッ

    美容師という仕事は不思議とキャリアを積むときれいになっていくんです。

    もともと美意識が高いからこの仕事を選んだんだと思いますが、やはり環境って大切ですよね(´、ゝ`)ニヤリ

    さて、

    新年あけて成人式も終わった今の時期はやゃゆっくりとした営業となっています。JOIEでは混雑しないように次回ご来店のご予約をお勧めしたりしてます。
    多くのお客様が来ていただけるのはありがたいのてですが、どうしても集中する時間帯がございます。
    お客様とゆっくりご相談をしてから技術にはいるのが私たちのスタイルなんですが、無理な予約をいれますとお待たせしてしまったり。予定時間をオーバーしたりしてご迷惑をおかけすることになります。お勧めしている事前予約なんですが、私たちは前日にお客様のカルテをチェックして前回の技術の見直して今回のご提案に生かせるように準備してご来店をおまちしているのですが、直前予約の場合はどうしても準備不足になってしまいます。
    もっともっと喜んで頂くため、いままでよりももっと素敵な毎日を過ごしていただくためにもご協力をお願いします。

  • しつこい話(ノ▽`*)ノ

    2020.01.23

    美容師にとっても成人式は大イベントです。

    もちろん成人を迎えるお客様にとって一生一度の大切な晴れの日のお手伝いをする大きな責任があるからです。

    美容師にとっては大きな責任もありますが、実力を試される日であります。

    少し前までのはやりのスタイルは「ユルふわ」と言われる編み込みを崩しながら作る洋風カジュアルなスタイルのオーダーが多かったですが、今年は少し変化し始めておりまして 古典的なイメージを少し取り入れた今風スタイルとでも言いますか、美容師の実力が仕上がりに大きく差が付くスタイルが多かったように感じます。

    最近の美容業界の批判をするようで怒られそうですが、実力の低い美容師が多くなってきました。

    それは単純に練習不足です。

    この業界はひと昔前までは就職→弟子入りする という労働環境で技術を指導して頂くという古い制度で美容技術の伝統を守ってきました。

    相撲や落語そして大工のような世界と同じです。

    しかし、ここ最近では働き方改革により大きく変わってきています。

    つまり、古い体質の労働環境から大きく変化している変革の時です。

    なので美容室も様々ありまして、以前は町に多くあった「パーマ屋」は「美容院」という会社組織が主流となり古い「パーマ屋」は美容師の高齢化とともに衰退しています。

    美容師は以前、経営者は「先生」と多くの人から呼ばれていましたが、今は「オーナー」と呼ばれる方が普通です。

    私の店でも私の事をいまだに「先生」とよんてくれる子もいますが、在籍10年以上の子です。

    この丁稚奉公のような子弟制度が良いと言うわけではありませんが、技術の伝承するにおいてはとても大切な師弟関係だと思っています。

    もちろんそれが良いとは思いませんし時代に合わない事も分かります。しかし、今の働き方環境ではとても昔のようなことは出来ません。

    練習時間は労働とみなされ、教えているのに賃金を請求されて離職していった元スタッフと訴訟問題になったサロンもあります。昔では考えられない事です。

    JOIEも昔はそんな丁稚奉公のような労使関係の時代がありました。

    給料はけっして高いとは言えない時代です。

    しかし、スタッフの信愛度は昔の方が深かったのは事実です。

    学校を出たばかりの何も出来ない子にシャンプーから教えマナーやモラルと言った社会人の常識を厳しく指導し、一緒に食事をして、夜は毎日のように夜遅くまで練習を見てあげて、一緒に喜び一緒に泣いて一人一人を育てていたあの時代の良さもあります。

    この業界だけではないですが、働くということがドライに受け止められている時代に戸惑う事も多くあります。

    今の時代、働く先なんていくらでもあります。

    美容業界も同じです、求人なんて選び放題です。

    どこに就職するのかは人それぞれの大切な思いがあって決めていくものです。

    美容師をアートと感性が大切だと思っている子はトレンド重視で選びます。

    美容師を職人だと思っている子は技術にこだわりのサロンを選びます。

    美容師を「人に喜んでもらいたい」という情や義を感じている子は考え方で選びます。

    それ以外に給料や労働時間さして休日の多さで選ぶ子もいます。

    どれもそれぞれだとは思いますが、自己都合で転々と転がっていく生き方(働き方)はあまりかっこいいとは私は思えません。(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

    自己流の少ない練習でも実はそこそこの美容師になれるのが技術の世界ですが、自論ですが、やはり厳しく指導され、時には背中を強く押されないと技術って本当のプロにはなれないと私は思っています。

    美容学校を卒業して国家試験を合格すれはプロと言えばプロですが、資格を持っているだけで上手にはなれせん。大工や落語や相撲と同じようにキビシイ師匠に愛情もって指導されなければ上質にはなれないですよね(ノo´Д`)

    話は成人式 ( *´艸`)

    事前に打ち合わせするだけでなく、お客様の要望を叶えるためにリハーサルでセットメイクをします。

    そして決まったスタイルを毎晩のように技術の見直し練習をして本番を万全の体制で迎えています。

    つまり、やっつけで成人式を迎えないため、「お客様に喜んで頂くため・・・」のつ強い思いで練習を積み上げています。

    今の時代では厳しさを「ブラック」だと批判する世の中ですが、努力をしない人が頑張っている事を平気で批判するような事もありますよね。

    さて・・・成人式:;,。・ヽ(´ω`*)ノ

    本人だけでなくその子の成長をずーっと見守ってきた家族にとってもとても楽しみにしていたハレの日です。

    お母さん・お父さん・おばあちゃんやおじいちゃんは目を潤ませながら大切に育ててきた子の晴れ姿を待っている人がいます。それは七五三も同じことです。

    そんな大切な人生の節目の行事に関わらせて頂いている事に大きな責任を感じるからこそ練習は中途半端ではいけないと思っています。

    当社はキビシイとよく非難されることも多いです。

    昔ながらの丁稚奉公のように愛をもって厳しく指導する事を私の理念としています。

    そんなんだから、私の事を嫌って辞めていったスタッフが多いです。

    きびしく指導受けたから上手になった事の恩を忘れているのですネ。

    【刻石流水】かけた情けは水に流せ。受けた恩は石に刻め  ですネ

    いつもしつこく長文でごめんなさい

    最後まで読む人もいないか(ノ▽`*)ノ